ユマニチュードの本


友人と気持ちよい場所でミーティング。、これからは優しさが重要というはなし。


東京体育館横のカフェ 空が広くて気持ちよい 煌めく返り花プロジェクト

東京体育館横緑いっぱい 煌めく返り花プロジェクト

ダイアローグで無視することが一番ひどいことと. ユマニチュードで視線を合わさないことは、相手をいないこととし。自分が優位にいることと.

どちらも無視すること,存在を否定することへ警鐘を鳴らしている..

目を合わせることで、あなたは大切で価値のある人だというメッセージを伝えると。

人道的で私たちが今の、医療、ケアの限界を知るときにこのような、無視しない。視線を合わせるということを再認識しなくてはねらない悲しさ.

これからは優しさ、思いやりの時代だと実感.その優しさ思いやりが周囲を変えるていくことを,清水先生は与贈循環と述べている.与贈循環,私にとって大切な言葉です.


イヴ・ジネスト:ユマニチュードという革命,2016 煌めく返り花プロジェクト

#与贈循環 #ユマニチュード #ダイアローグ #無視 #高齢者シェアハウス #グループホーム #高齢者 #ケア #やさしs #無視しない

17回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示