• 煌めく返り花

高齢者が入れる施設など#2(福祉系居住施設)

最終更新: 3月31日


#1に引き続き,高齢者が入れる施設を介護保険との関連で記載していきます.

私の認識違いがあったら,ぜひ教えてくださいね.

<福祉系居住施設>

以下6つ

④ 有料老人ホーム

⑤ 軽費老人ホーム

⑥ 生活支援ハウス

⑦ 養護老人ホーム

⑧ 介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)

⑨ 認知症対応型共同生活介護(グループホーム)


④有料老人ホーム: 

食事の提供,介護の提供,家事,健康管理のいずれかのサービスを提供する高齢者施設.「いずれか」なので,確認が必要です. 

家事または健康管理のいずれかを提供する民間施設.

老人福祉施設や認知症グループホームではないものをいう.

契約形態は,終身,賃貸借,終身建物賃貸借方式がある.

a 介護付(一般型特定施設入居者生活介護)

特定施設入居者生活介護の指定を受けて運営される.施設内で職員から介護サービスを受ける.

b 介護付(外部サービス利用型特定施設入居者生活介護)

介護などのサービスがついたホーム.介護が必要になっても,ホームが作成する計画に基づき委託先の事業所が提供する介護サービス(外部サービスを利用するという意味)を利用しながら生活を継続することができる.

c 住宅型

生活支援サービス付,介護は外部業者から介護サービスを受けて,生活を継続することができる.

d 健康型

自立した高齢者対象.食事などのサービスがつく.介護が必要になった場合は,契約を介助して退去しなければならない.

現在の主流は,a 介護付き(一般型特定施設入居者生活介護)とc 住宅型が主流となっている.

⑤軽費老人ホーム

市区町村や社会福祉法人により運営される無料,または低額の施設.

自宅で生活ができない高齢者が利用する.

60歳以上の人.夫婦の場合はどちらか一方が60歳以上である.

a A型(給食型)

所得制限あり.

生活障害に応じた生活支援サービスや介護サービスを利用すれば「自立した」生活が維持できる人向け.

介護保険は外部のサービスを利用する.

b B型(自炊型)

所得制限あり.

A型から食事サービスを抜いた施設.

介護職員が配置されていない.

介護保険は外部のサービスを利用する.

c ケアハウス

所得制限なし.

給食と外部からの訪問介護が受けられる.

食事や入浴などの生活サービス,生活相談や緊急時対応サービスを受けることができる.

60歳以上で自炊ができない程度の身体機能低下があるか,高齢のため独立して生活するには不安があり,家族による援助を受けることが難しい高齢者が利用できる.

介護保険は外部のサービスを利用する.

d 都市型

都市部にある)定員20名以下の小規模なホーム,

要介護度の低い低所得高齢者を対象としている.


⑥生活支援ハウス

市区町村管轄.自宅で生活困難な60歳以上の人が利用できる安価な賃貸住宅.

介護が必要になると入居は困難となる.

⑦養護老人ホーム

市区町村管轄.在宅生活ができない65歳以上の人.

養護老人ホームを対処し,自立することを目的としている.

介護度ではなく,環境上・経済上の困窮がある場合に入居になる.

⑧介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)

要介護3~5の人が対象.

自宅介護が困難な人.

介護が目的なので,介護保険を利用したサービスを利用できる.

⑨ 認知症対応型共同生活介護(グループホーム)

要支援2以上の認知症の人.

5-9人が入居できる家.

入居者が食事の支度,掃除,洗濯,買い物など家事作業を介護職員と協働で行うこともある.

文献

東京大学高齢社会総合研究機構編集:東大がつくった高齢社会の教科書,2017,東京大学出版会

#介護保険 #有料老人ホーム #健康型 #介護付 #住宅型 #軽費老人ホーム #ケアハウス #A型 #B型 #都市型 #生活支援ハウス #養護老人ホーム #介護老人福祉施設 #特別養護老人ホーム #認知症 #認知症対応型共同生活介護 #グループホーム

57回の閲覧

© 2023 by Name of Site. Proudly created with Wix.com

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Google+ Social Icon