• 煌めく返り花

ACP 先のことを話そうですと


ACP,今朝NHKでも特集をしていました.

ACP(アドバンス・ケア・プランニングadvance care planningという,英米ですでにある概念だそうです.あらかじめ将来のケアについて計画し,話そうという内容です.該当する日本語訳は決まっていないようです.これに関するガイドラインが,日本でも3月14日に厚生労働省から出ました.

テレビでは,先々自分がどのような医療を受たいのか,かかりつけ医とそのチームに話していて,それが共有されるから安心だという内容だったと思います.

ガイドラインには,今日のNHK朝の番組だけでは伝わらないことが書いてあります. 2025年問題,後期高齢者の爆発的人口増加に向けて,さまざま準備がなされていくのだな,と思っています.最期の時は病院で迎えられrない人が出てくるっていう話ですから,今までの死ぬ人は大半が病院でという時代から変わるのですよね.心構えの変化は,医療介護福祉に携わる友人たちの間では少しずつ起きています.医療介護福祉を受ける人が,変化を拒んではいられないのだろうな.

シャアハウス内ではそんなこともお知らせしたり,一緒にお話しできたらいいですね.不安なだけでいるのではなく,私たちも「あらかじめお話し」するような対話の時間を持ちたいですね. 「人生の最終段階における医療の決定プロセスに関するガイドライン」 http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000197665.html


(以下,上記hmtlより引用) 【主な改訂のポイント】

高齢多死社会の進展に伴い、地域包括ケアの構築に対応する必要があることや、英米諸国を中心としてACP(アドバンス・ケア・プランニング)の概念を踏まえた研究・取組が普及してきていることなどを踏まえ、以下の点について改訂を行った。

1 病院における延命治療への対応を想定した内容だけではなく、在宅医療・介護の現場で活用できるよう、次のような見直しを実施 ・ 「人生の最終段階における医療・ケアの決定プロセスに関するガイドライン」に名称を変更

  ・ 医療・ケアチームの対象に介護従事者が含まれることを明確化 2 心身の状態の変化等に応じて、本人の意思は変化しうるものであり、医療・ケアの方針や、どのような生き方を望むか等を、日頃から繰り返し話し合うこと (=ACPの取組)の重要性を強調    3 本人が自らの意思を伝えられない状態になる前に、本人の意思を推定する者について、家族等の信頼できる者を前もって定めておくことの重要性を記載    4 今後、単身世帯が増えることを踏まえ、「3」の信頼できる者の対象を、家族から家族等 (親しい友人等)に拡大

5 繰り返し話し合った内容をその都度文書にまとめておき、本人、家族等と医療・ケアチームで共有することの重要性について記載

【ガイドライン作成の経緯】

 平成19年にとりまとめた「終末期医療の決定プロセスに関するガイドライン」は、平成18年3月に富山県射水市における人工呼吸器取り外し事件が報道されたことを契機と      して、策定されたもの(※)。

 人生の最終段階における医療の在り方に関し、

・ 医師等の医療従事者から適切な情報提供と説明がなされ、それに基づいて患者が医療従事者と話し合いを行った上で、患者本人による決定を基本とすること

・ 人生の最終段階における医療及びケアの方針を決定する際には、医師の独断ではなく、医療・ケアチームによって慎重に判断すること

などが盛り込まれている。

※平成27年3月に「人生の最終段階の決定プロセスに関するガイドライン」に名称変更

(以上)

#煌めく返り花 #高齢者シェアハウス #高齢者 #対話 #ACP #advancecareplanning #2025年 #後期高齢者 #病院で死ぬ #不安 #ケア #介護

26回の閲覧

© 2023 by Name of Site. Proudly created with Wix.com

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Google+ Social Icon