© 2023 by Name of Site. Proudly created with Wix.com

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Google+ Social Icon

作業療法士が作る
高齢者のシェアハウス始動2019年8月22日 プレスリリース

2019年9月1日高齢者が入居できるシェアハウス入居者募集開始

~高齢者の住まいという社会課題を作業療法士の知識技術で解決する~

 煌めく返り花プロジェクト(代表西野歩:作業療法士)は、医療福祉職が保険に頼らずに高齢期の生活を支えるためのプロジェクトチームです。(詳細は添付資料参照)

 私たちは、東京のJR中央線西国分寺駅徒歩2分の高齢者シェアハウスに入居者を募集開始します。このシェアハウスは、グループホームやサービス付き高齢者住宅ではありません。社会課題となっている、高齢者すまい、高齢期の孤独や孤独死を予防します。高齢期の住まいを家か施設の二者択一ではなく、選択肢を増やします。

 その他の作戦は、対話と勉強です。

 メンバーが、学び続けてきた対話の知識と技術を使い、入居者同士がその違いを承認し、相互理解できるようにします。また、30歳から70歳が集まり学ぶ「若いうちから老いじたく勉強会」へ入居者さんにも参加してもらい、高齢期の不安を少しでも軽くします。相続などの専門外のことはネットワークを生かし、専門家を招聘します。

 誰においてもこれからは地域の中でつながりを持って生活する必要があります。入居者さんの生活がより楽しいものになるよう、わたくしたち自身も積極的に地域包括支援システムやその他地域活動をしているグループと連携を取ります。

 

問い合わせ並びに取材先:西野歩、煌めく返り花プロジェクト代表

 kanrisha@kiramekukaeribana.com  

                                       以上