親子の朝練に応援!

毎日犬の散歩で近くの公園に行きます。ラジオ体操やお散歩をする人たちなど、顔触れはほぼ同じ人たちです。





その中に、野球の練習をする父子がいます。毎朝お父さんが自転車の後ろに小学生の息子さんを乗せて公園に登場。キャッチボールとトスバッティングを30分程度行って、また二人で自転車に乗って帰っていきます。かれこれ5~6年続いていると思います。


息子さんもずいぶん大きくなりました。キャッチボールの投球も力強くなりました。先日自転車の後ろの座席が空っぽでした。あれっと思ったら、後ろからもう一台自転車が来て息子さんが力強くペダルを漕いでいました。


息子さんが成長して二人乗りはそろそろ限界になったのですね。


お話をしたこともありませんが、息子さんの成長を実感して頬が緩みました。「継続は力」と言いますが、毎日って大変ですよね。1日の中で1時間に満たない時間ですが、「毎日続けること」は、やはり大変なことだったと思います。でもとても素敵な貴重な時間だと思いました。


練習中はあまり会話も交わされていませんが、同じ目標のために一緒に時間を過ごしている。中学高校に進学したら学校での朝練が始まり、父子の朝練は終了するのかもしれません。望んでも、実は限られた期間しかできないことなのかもしれません。


ご当人たちには毎日の日課かもしれませんが、とっても大切な時間なのだな。と毎日その風景を眺めていたおばちゃんはしみじみ思うのです(笑)。


オリンピックで活躍した選手から、家族が練習を支えてくれたことへの感謝の言葉をよく聞きますが、世界的なアスリートにならなくても、いっしょに頑張る家族はいっぱいいるのですね。


今だけの貴重な時間かもしれませんよ。


早起きは大変かもしれませんが、頑張ってください。活躍を祈っていますよ💛


閲覧数:5回0件のコメント