• 煌めく返り花

虚弱になったら住宅をどうしたいと考えているか...そんな調査を60歳以上の方にしていました.皆さんならどの選択肢を選びますか?


平成30年度 高齢者の住宅と生活環境に関する調査(概要版)(内閣府,平成30年実施)を読んでいると、こんなデータを見つけました。

全国の60歳以上の人の中から3000人に調査し、回答した方は1980人。


興味深いデータはたくさんありますが、今日はこちらをご紹介します。

Q20 あなたは、もし、身体が虚弱化してきたら、住宅をどのようにしたいと思いますか。あてはまるものをすべてあげてください。(○はいくつでも)


1 現在の住居に、とくに改修などはせずそのまま住み続けたい

2 現在の住宅を改修し住みやすくする

3 サービス付き高齢者向け住宅に入居する

4 介護を受けられる特別養護老人ホームなどの施設に入居する

5 介護を受けられる有料老人ホームなどの施設に入居する

6 子や親族などの家に移って世話をしてもらう

7 その他

8 わからない

あなたはどれを選択しますか? 私は7のその他です。賃貸に住んでいるので、このまま住めるはずはありません。いつか契約更新をしてもらえなくなるかもしれませんし、そもそも家自体が老朽化するでしょう.

あら,私は虚弱化したらどこに住むつもりなんでしょう。改めて、考えが浅いことに気づきます。まったく。


回答はこんなふうに...



体が虚弱化したときに住みたい住宅は、

「現在の住居に、とくに改修などはせずそのまま住み続けたい」(28.7%)

「現在の住宅を改修し住みやすくする」(27.4%)

次いで「特別養護老人ホームなどの施設」(18.5%)

「サービス付き高齢者向け住宅」(14.3%)

「有料老人ホームなどの施設に入居する」(12.2%)

「子や親族などの家に移って世話をしてもらう」(7.9%)

「わからない」は12.9%


日本は持ち家率が現在高いのです。持ち家を利用して生活していこうと考えるようですね。 さて,改修せずにそのまま住みつ続けられるでしょうか。 改修して住みやすくできる資金はあるでしょうか。 また,施設への入居を考える方が多いようですが,施設に入居したいときに,入居できる施設はあるだろうか。これから高齢者の人数が多くなり,人口が減少する状況でどうでしょう。


0回の閲覧

© 2023 by Name of Site. Proudly created with Wix.com

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Google+ Social Icon