巣篭もりお正月の結果

最終更新: 1月18日


みなさま

遅くなりましたが、明けましておめでとうございます。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。


皆さんの今年のお正月はいかがでしたか?

コロナ禍が続く今年は夫の実家での年越しも中止し、初めて自宅でお正月を過ごしました。年末大掃除をして、実家で母と作って以来のおせち料理を今回は一人で作り元旦を迎え、そこから3日間のお正月。何も予定のない休みは早くも2日には仕事に行きたい(何かすることがほしい)気持ちになり、3日目の1日をどう過ごそうと戸惑ってしまいましが、そうはいっても結局はテレビをつけたり消したりしながら、あっという間に3日は過ぎて行ってしまいました。

お正月に私が楽しんだテレビ番組の一つに「ポツンと一軒家」という番組がありました。この番組を見たことのある方はたくさんいらっしゃると思いますが、お正月にも3時間スペシャル番組が組まれていて自宅で楽しんで観ました。いつか姑に教えてもらおうと思っていた蒟蒻作りを山間の一軒家で高齢の女性が作っていて、蒟蒻を固める時に使う灰汁という不思議な汁がどのようにつくられ、どのタイミングで蒟蒻に投入されるのか見られて勉強になりました。姑も山間に一人で暮らしこうして蒟蒻を作るのだろうと思い、やはりいつか姑に教えてもらいたいなと思いました。

番組を見終えて、どの住人の方も素敵な暮らしをしておられ、皆さんいわゆる「ポツンと」といった不便な場所でも「そこに住む理由」がありそこに住むことを「望んで」いて、暮らしていくために「すべきこと」がたくさんあり(これは「ポツンと」といった不便な場所に住んでいることの副産物でしょうか?)、「楽しんで行っている」姿が印象的でした。そしてやはりその暮らしを支える子やご近所の方がいて、家はポツンとした場所にあってもポツンとした人間関係ではないことが大切なんだなと改めて思うお正月でした。

皆さんは将来、どこに住んで何をしてどんな人たちと暮らしてゆきたいですか?今年は自分の将来の住まいについても考えてみようと思います。



36回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示