• 煌めく返り花

外に出ないと運動不足,背中を丸めてテレビをパソコンを見ているあなたに捧げる日常生活で腰痛予防とこれだけ体操

知人が務めるレストランは,ランチタイムにいつも来てくれるマダムグループが来店してくれなくなり,寂しい限りと.そうですね,感染症対策で外に出ない人続出ですね.


外出を控えている人も,家で仕事をする人も多いことでしょう.私もそうですが,パソコンを見ているときの姿勢って人には見せてくないですよね.背中を丸め,頭を前に突き出し,,,,ひどい姿勢です.その姿勢で何時間も過ごしたら,そりゃあ,体に悪い.縮こまっている筋肉は,縮まり続けつと「短縮」してしまったり,その周辺の関節がその形で固くなったり,


姿勢が悪いだけではなく,腰痛の原因にもなります.


家にこもって過ごしているシニア,子供,職場から離れて働くみなさんに見ていただきたい,腰痛の予防法と付き合い方&これだけ体操 です.


原因疾患があって腰痛となっている方は,原因疾患の治療が先決されることをお忘れなく.


人は腰痛になりやすいと言いますが,障害罹患率80%も.ならないほうが珍しいくらい腰痛ってなりやすいそうです.


仕事中に腰痛になることが多く,労働衛生上も課題になっています.厚生労働省は労働と腰痛のことをまとめてもいるのですよ.従業員の腰痛予防をお考えの方も,厚生労働省の資料にも載っている「これだけ体操」が後に出てくるので見てくださいね.


そして,長時間同一姿勢は危険なのです.パソコンをずっとみている,テレビをずっとみている,危ないわけです.

何事も予防です

良い姿勢をとることは大切.以前モデルさんが,家で壁際に立って姿勢をよくするトレーニングをし続ける,大変地味な生活そしていると言っていました.その努力会ってきれいに洋服を着られるのですね.皆さんも,テレビを見るときしてみませんか?


横座りは良くないような気がしますが,骨盤が後傾しないという点では良いそうです.左右交代で横座りしてみましょう.どちらかしにくい場合は,地面についているお尻の下に座布団を入れて高くするとしやすくなります.


あぐらは良くないそうです.骨盤が後傾し,脊柱のS字カーブが崩れるからです.

電車に乗っているとよくみる姿勢が左の×の姿勢です.目指すのは右側の姿勢.すっと伸びた姿勢が美しいですね.耳と肩と股関節が一直線上にある美しい姿勢です.


運動は,毎日地道にやるしかないですね.ラジオ体操,みんなの体操をしてみるなんてどうでしょうか.筋力のためにも,関節と筋肉の柔軟性にも,瞬発力にも役立ちそうです.


腰をぐるぐると回す運動もよいですよ.私はよくやっています.


そして,これだけ体操!

この姿勢,そうなんですよね.パソコン作業をしているとこうなりやすいんです.私のことかと思いましたよ.脊柱の骨と骨の間には椎間板があって,その椎間板が前傾姿勢を取り続けることで,椎間板が後ろに出てきそうになるし,髄核も後ろにずれるし,,,よくないですね.


なので,椎間板と髄核を元に戻すようなイメージで体幹をそらすのだそうです.痛みが出たらやらない!を心掛けてくださいね.この姿勢をとって,腰から足のしびれの範囲が少なくなったり,痛みの範囲が狭くなったら「成功」.そうではない場合は,この体操の適応ではないそうです.無理は禁物!


左右に違和感があれば体側を曲げます.見落としがちなポイント.大切です.少しずつやってみましょう.急激にやらないように.自分で痛みを作らないようにやさしく行いましょう.



ヒールをはくと腰をそらすことになるので,腰が痛くなります.当然.

そういう時は,椅子に座って前かがみ.(こっそりお手洗いでこの姿勢をとるのもよいかも)


腰痛は痛いです.毎日の生活をかなり制限されます.だかからこそ,生活の工夫を必要とします.細かな生活の工夫はまたの機会に.

ポイントは,第1に,痛みを長く続かせないように自分で工夫し続けることです.第2に,軽度な運動を行うことで血行を良くすると痛みが減少することがあるので,少しずつ運動をしてみることです.


数年前にEテレで放送していた腰痛と肩こり体操の番組は,良かったですよ.これだけ体操もでてきました.


是非,これだけ体操を紹介しているHPをご覧ください.


それでは,家で過ごすことが多い時期,体も動かし,痛みを強くしないように自分でコントロールし,お過ごしください.


これだけ体操:東京大学東大病院22世紀医療センター 運動器疼痛メディカルリサーチ&マネジメント講座 http://lbp4u.com/koredake/




124回の閲覧

© 2023 by Name of Site. Proudly created with Wix.com

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Google+ Social Icon